CATEGORY 山口県

柳井・新天地

山口県柳井市と言えば江戸時代からの海上交通の要衝として白壁の町並みが立ち並ぶ事で知られる古い街だが、観光客が散策するエリアから東側に外れた一画に「新天地」といういかにもな地名の場所がある。しかもここは ... 続きを読む

下関新地

下関駅から北に徒歩10分程の場所に「新地町」及び「新地西町」という地名が残っている。ここもかつては下関市内各所にある元遊郭が前身で、明治時代から続く港町の古い歓楽街として荒くれた船乗り達を相手にする芝 ... 続きを読む

向津具半島

山口県長門市(旧油谷町)の北西、日本海に大きく突き出した形の半島があるが、向津具(むかつく)半島という名前でなんだかネタっぽさが漂う。ネトウヨは日本海を跨いだ隣の半島がむかつくようだが、ここは向津具半 ... 続きを読む

楊貴妃の里

山口県長門市、旧油谷町の向津具(むかつく)半島の先っちょに「楊貴妃の里」なる妙な場所があって気になったので行ってみた。どうやらこの向津具半島には中国唐時代の皇妃・楊貴妃が亡命してきたという伝説が語り継 ... 続きを読む

麻羅観音

山口県長門市の俵山温泉近くにある「麻羅観音」。もうその名前からしてあからさまなのだが、温泉街から微妙に外れた一角にあるお堂とその周囲に男性の象徴がこれでもかと祀られている陰陽信仰で有名な神社である。戦 ... 続きを読む