大岬旧海軍望楼跡

大岬旧海軍望楼跡

日本最北端の地として観光客で賑わう宗谷岬だが、その近くにある宗谷岬公園は訪れる人も少なく閑散としている。公園の一画に残る「旧海軍望楼」は明治時代、ロシアのバルチック艦隊の動きを監視するために海軍によって日露戦争の直前、1902年に建設されたものだ。稚内に残る明治時代の建築物では唯一のもので市の有形文化財。なお宗谷岬公園は戦没者慰霊塔や大韓航空機撃墜事件の慰霊碑などがあり平和公園の趣きが強い。

稚内市カテゴリの最新記事