ぶらくり丁商店街

和歌山を代表する商店街「ぶらくり丁」は和歌山の中心市街地に連なる複数のアーケード商店街から構成される、和歌山屈指の一大買い物スポットだった場所だ。かつては間口の狭い店がひしめき合い商品をぶらくって(和歌山方言で「吊り下げて」)いたのが商店街名の由来だという説もある。しかし街の郊外化などで徐々に客足が途絶え、2000年代から数ある百貨店がバタバタと撤退、地元の丸正百貨店も経営破綻を起こして倒産、遂にはマクドナルドまで逃げ出すという悲惨な状況に陥ってしまった。

そんな気の毒な商店街を歩くと、とある店の前で爺さん婆さんが行列しているので何だと近づいたら怪しげな健康食品のセミナーに並んでいた人達でした。我々はいたたまれなくなって、その場を離れました。

和歌山市 ぶらくり丁

和歌山市 ぶらくり丁

和歌山市 ぶらくり丁

和歌山市 ぶらくり丁

和歌山市 ぶらくり丁

和歌山市カテゴリの最新記事