駅舎

市原市

世界一大きなトイレ

千葉県市原市の五井駅から房総半島の内陸部を抜け、いすみ鉄道と接続する上総中野駅との間を結ぶローカル鉄道「小湊鉄道」に乗って片道約1時間、同じ市原市の内陸部に位置する飯給(いたぶ)駅で降りると、トタン張...
松戸市

幸谷駅

JR常磐線・武蔵野線が交差する松戸市の新松戸駅前には千葉県有数の超絶ローカル鉄道の一つである「流鉄流山線」の幸谷駅がある。常磐線馬橋駅と当駅、それから流山までを結ぶ全長5.7キロ、全6駅しかない同線の...
川崎市川崎区

港町駅

物件情報 京浜急行電鉄のルーツ「京急大師線」は川崎駅から川崎大師方面への参詣客の輸送を目的に明治時代に開業したものだが、今でも川崎の臨海地域への住民の足として地味に活躍を続けている路線である。京急川...
横浜市鶴見区

国道駅

JR鶴見駅から湾岸地域へ伸びる「鶴見線」は京浜工業地帯の工場群へ通う従業員の足として今なお活躍しているマイナー路線であるが、その途中駅の多くが長年古い駅舎をそのままにしている事もあって、東京近郊では屈...
堺市

浜寺公園駅

堺市西区、阪神工業地帯の一角を占める湾岸地域のオアシスとして昼は市民の憩いの場に、夜は野郎どもが群がり発展しているらしい浜寺公園。その玄関口に、あの東京駅丸の内駅舎を建造した事で知られる辰野金吾が手掛...
神戸市

阪神春日野道駅

神戸の中心三宮から電車でひと駅、阪神春日野道駅を降りると今となっては特に印象のない地下ホームがあるだけだが、ここが昭和9(1934)年の地下駅舎開業以来2004年まで「日本一幅の狭い危険なホーム」とし...
川崎市川崎区

浜川崎駅

首都圏近郊とは思えない時の流れを感じる事ができる、ある意味最果て感極まりないJR鶴見線と南武線浜川崎支線が交差するのがこちらJR浜川崎駅。どちらの路線も京浜工業地帯への通勤の足として使われる反面、稀有...
津市

津駅

あまりメジャーでなさそうな感じがする三重県の県庁所在地「津市」の玄関口となるのがJR及び近鉄津駅である。三重県は基本的にJRよりも近鉄の方が利用者が多い「近鉄王国」だがこの駅でも例外ではない。同じ駅の...
名古屋市

東大手駅

名古屋の繁華街「栄」から出ている名鉄瀬戸線は同じ名鉄の他線と接続していない孤立路線で、元々は瀬戸電気鉄道という会社が運営していたのもあって「瀬戸電」と呼ばれる事が多い。窯業が盛んな瀬戸市から名古屋方面...
大阪市浪速区

汐見橋駅

大阪市内南部と泉州・南河内・和歌山を結ぶ私鉄「南海電鉄」の路線図を見ると岸里玉出駅から難波方面に行く南海本線・高野線とは別に都心方向に盲腸のように伸びて中途半端に止まっている路線がある。これが南海汐見...
大阪市北区

阪急中津駅

梅田から発着する阪急電車に乗ると次の駅がこの中津駅。地下鉄御堂筋線の中津駅とは離れていて乗り換え案内もない為か、乗降客も少なく寂しいホームを横目に眺めながら淀川を渡って次の十三駅に向かうのが阪急沿線住...
南国市

後免駅

高知県南国市にあるJR土讃線と土佐くろしお鉄道の「後免駅」。平仮名表記で「ごめん」となるので常に平謝りになっている駅として有名だが、この後免駅には高知出身で南国市にも縁がある漫画家の故・やなせたかし氏...
足立区

堀切駅

東京23区にある鉄道駅の中で最も乗降客が少ない「最弱駅」はここ。東武伊勢崎線(スカイツリーライン)堀切駅。浅草や押上方面から北千住に向かう途中にあり、当然各駅停車しか止まらない。一日の利用者数は383...
足立区

北綾瀬駅

地下鉄千代田線の盲腸線・北綾瀬支線の北綾瀬駅は、綾瀬駅から分岐して千代田線車庫へ向かう途中に置かれた駅で、地元住民の強い要望で旅客化された上に昭和54(1979)年に設置された。しかし乗客需要の関係上...
足立区

綾瀬駅0番ホーム

常磐線直通の地下鉄千代田線に乗って行くと北千住の次にあるのが綾瀬駅。ここから先はJR常磐線となるために亀有や金町に用のある場合は鉄道事業者二社分の運賃が必要となって割高感を感じずにはいられないのだが、...
板橋区

ときわ台駅

東武東上線ときわ台駅北口を中心に広がる放射状道路沿いに連なる住宅地は「板橋の田園調布」とも呼ばれる場所で、戦前に郊外型住宅地の開発で田園調布や大泉学園などと並ぶ一大プロジェクトの一つとして作られた街並...
北区

尾久駅

巨大ターミナル駅である上野駅から宇都宮線・高崎線(東北本線)でわずか一駅という地の利にも関わらず駅前が寂れに寂れまくっているドマイナーな存在にあるのが尾久駅。荒川区西尾久、東尾久という地名があって「尾...
北区

田端駅南口

山手線29駅ある中で最弱駅の一つに数えられる田端駅。駅前に何がある事すら知られていないマイナーな土地の一つだが、とりわけ南口のマイナーっぷりは異常。掘っ立て小屋のような駅舎を降りると目の前はコンビニす...
渋谷区

旧東横線渋谷駅

2013年3月16日から副都心線地下ホームに直通運転開始となり役目を終えた東急東横線渋谷駅の旧地上駅舎。昭和2(1927)年の開業以来80年以上にも渡って使われてきた駅舎も解体工事が始まっている。旧駅...
渋谷区

副都心線渋谷駅

東京メトロ9番目の路線として2008年6月に開業した「副都心線」の終着駅となる渋谷駅構内は、安藤忠雄氏デザインの「地宙船」。その名の通り地中に浮かぶ宇宙船のイメージで作られ、地下5階にあることを感じさ...
タイトルとURLをコピーしました