タグ:牧志

農連市場

那覇市中心部のマチグヮーから南に外れた開南通りを越えた先のガーブ川沿いにある、那覇市内でも屈指のオンボロ市場。昭和28(1953)年に開かれて以来その佇まいを今に残していて、沖縄本島各地から農家が直接 ... 続きを読む

神里原社交街

終戦後の那覇市街地で最も早く接収が解かれた壺屋界隈に出来た那覇最初の社交街とも言われる「神里原」。近年は道路整備や再開発の影響でかなり解体が進んでいるが、まだ一部には戦後の時代を感じさせる古ぼけたトタ ... 続きを読む

壺屋の安宿街

那覇のマチグヮーの外れにあるサンライズなは商店街や壺屋付近には貧乏旅行の味方であるドミトリーがひしめく地味な安宿街になっていて雰囲気が独特。サンライズなは商店街内の丸國マーケットの上にある「リトルアジ ... 続きを読む

桜坂社交街

那覇のマチグヮーにも程近く、ごちゃごちゃした路地裏に酒場がひしめき独特の風情がある古い社交街。沖縄返還前の1960年代までは隆盛を誇っていたというが、現在では場末化が激しく、さらには国際通りと開南通り ... 続きを読む

ガーブ川水上店舗

戦後の那覇市街地の復興でガーブ川沿いに闇市が形成されていったのだが、それが現在も残るのが樋川にある農連市場だったり、第一牧志公設市場だったりする。元々このガーブ川という名称は湿地帯を示す「ガーブー」と ... 続きを読む

国際通り

沖縄旅行にやってきた旅行初心者がまず何も考えずにふらりとそぞろ歩きをする場所ナンバーワン、それが沖縄県庁前からゆいレール牧志駅付近までを東西に貫く「国際通り」。その歴史は戦後間近の時期、沖縄戦で荒廃し ... 続きを読む