タグ:宿場町

栃本集落

ただでさえ「埼玉のチベット」などと呼ばれる山深い秩父地方の中でも最も奥地にあるのが旧大滝村に属する栃本地区。かつては江戸と甲州とを結ぶ秩父往還の道中にあり関所(栃本関跡)が置かれ「入り鉄砲に出女」な感 ... 続きを読む

草津・東新地

滋賀県草津市は東海道の旧宿場町であり、その関係で遊郭が存在していたというので見に行った。場所はJR草津駅からも程近いが、旧東海道からはかなり外れた国道1号の近くである。東新地と呼ばれており、かつて宿場 ... 続きを読む

古河・中田宿

埼玉県栗橋から利根川を跨いだ向こうにある日光街道の宿場町。茨城県古河市。幕末期から続いた遊郭があった土地で、戦前の小説家・田山花袋「田舎教師」の舞台にもなっている。現在も建物が残っている妓楼が1軒ある ... 続きを読む

板橋遊郭

旧中山道板橋宿は明治期に入ると鉄道の開通によって急激に廃れていく事になる。そこでかつての宿場町は遊郭へと姿を変えて客足を取り戻そうとした。それが板橋遊郭の成り立ちで、戦前までその歴史が続いていたという ... 続きを読む

千住遊郭

北千住駅の西、足立区千住柳町には千住遊郭(柳新地)があった。現存する「大門通り商店街」の名前からしてもそんな雰囲気を匂わせているのだが、商店街から奥の路地を入ったアパートなど一部現役時代のカフェー建築 ... 続きを読む

立会川・浜川橋

旧東海道品川宿の商店街を北品川方面からずるずる南下すると、立会川に架かる「浜川橋」という小さな橋を渡る事になる。ここは別名「涙橋」といい、山谷の泪橋と同じく、江戸三大刑場の一つであった「鈴ヶ森刑場」へ ... 続きを読む

北品川商店街

品川駅の南にあるのに北品川とはこれいかにと思いながら京急北品川駅を降りると、旧東海道に沿って商店街(北品川本通り商店会)が広がっている。開発されきってすっかりコンクリートジャングルと化した品川駅周辺の ... 続きを読む