洲崎遊郭

江東区

永代通りの東陽三丁目交差点を南に入った所の現在の江東区東陽一丁目、旧地名を深川洲崎弁天町といい、明治時代に旧根津遊郭から移転させられて出来た洲崎遊郭時代から戦後の赤線「洲崎パラダイス」を経て昭和33(1958)年の赤線廃止まで吉原に匹敵する大規模な遊里が存在した。現在も遊郭の名残りとして残るのは、東陽一丁目の街区を区切るように取り囲む運河の跡。

現在は胡散臭い店もなくただ純粋に住宅地になっているので、雰囲気を楽しむというレベルでもない。「大賀楼」など戦後の赤線だった頃に建てられたカフェー建築が最近まで何軒か住宅や八百屋などに転用されていたが、2011年の東日本大震災以後瞬く間に解体されてしまった。この写真の建物があった場所も現在はマンションに変わっている。

江東区 東陽町

江東区 東陽町

江東区 東陽町

江東区
#DEEP案内編集部をフォロー
物件の場所
所在地:東京都江東区東陽1丁目28−2
DEEP案内不動産部
タイトルとURLをコピーしました