杉並清掃工場

杉並清掃工場

井の頭線高井戸駅を降りて環八通りを挟んだ東側にでかい煙突のそびえる杉並清掃工場がある。比較的高級住宅街扱いされる事の多いこの街のど真ん中にゴミ焼却場があるのには深い事情の末のことがある。
昭和40年代に東京全体で深刻化していたゴミ問題に関して、それまで夢の島にゴミをそのまま捨てていた代わりに23区各区で1ヶ所ずつゴミ焼却場を建設する事になったのだが、最後まで高井戸住民による反対運動で建設出来ずに居たのをゴミ捨て先であった江東区が杉並区側の住民エゴであると業を煮やし、杉並区からのゴミの受入れを実力阻止、その結果杉並区中にゴミが溢れた所謂「東京ゴミ戦争」の果てに、住民側が最終的に折れて焼却場の建設が決まったのだ。杉並区民がプロ市民気質だと色々言われるのにはこんな歴史的経緯もあったのだ。

杉並区カテゴリの最新記事