尻手駅

川崎市幸区

東西にひたすら細長い川崎市を縦断するJR南武線に乗って川崎駅から一つ先に進むと「尻手」という何とも字面がアレな感じの駅がある。確か以前この辺りを走っていた南武線の車内で痴漢行為をやらかして捕まった男が尻手駅で降ろされてお縄になったという話を聞いて思わず噴き出しそうになったが、駅前に降り立ってみるとそこそこオツな佇まいの下町臭い商店街と呑み屋街が広がっている。「パチンコ南武線」に角打ちを備えた酒屋もありどう見てもテンションは川崎の労働者街のそれ。

当然ながらここも川崎生活圏である事は明らかで、駅の所在地も川崎市幸区なのだが、駅の西側一帯は横浜市鶴見区矢向及び尻手となり、半分横浜市に属している。そして南武線で隣駅の矢向駅周辺もまた横浜市である。川崎側・横浜側いずれも駅前の呑み屋率の高さはとても「オシャレな港町」横浜のイメージとはかけ離れている。ちなみに同じ南武線なのに川崎駅には通じていない浜川崎支線へ入る電車(尻手-浜川崎)にはこの駅で乗り換えなければならない。

川崎市 尻手

川崎市 尻手

川崎市 尻手

川崎市 尻手

川崎市 尻手

川崎市 尻手

川崎市 尻手

川崎市幸区
#DEEP案内編集部をフォロー
物件の場所
所在地:神奈川県川崎市幸区南幸町3丁目107
DEEP案内不動産部
タイトルとURLをコピーしました