尻手銀座商店街

横浜市鶴見区

JR南武線尻手駅のすぐ近くにある「尻手銀座商店街」。住所が「横浜市鶴見区矢向」でありながら恐らく全国屈指の字面が恥ずかしい地名と思われるにも関わらず頑なに「尻手」の地名を冠した商店街はそれだけで貫禄を感じさせる。だって英語にしても「Shit」が入っているだけあって外国人に説明するのも恥ずかしいという二重苦だと思うのだが地元民はそんな尻手の地名にプライドを持っているのだろう。

そんな尻手銀座、ローカル感漂う個人商店やスーパーを中心とした地元密着型の商店街で、地元のお婆さんが大勢たむろっていらっしゃる。元気の有るうちはチャリンコで川崎駅にもひょいと行ける距離だろうが、それがしんどいご老人方には重宝がられている商店街なのだろう。そこに沖縄居酒屋があったりするのも川崎・鶴見圏ならではの特徴。そんな尻手銀座のマスコットキャラ、てるてる坊主風味ですが名前を「しってるちゃん」と言うそうです。

横浜市 尻手

横浜市 尻手

横浜市 尻手

横浜市 尻手

横浜市 尻手

横浜市鶴見区
#DEEP案内編集部をフォロー
物件の場所
所在地:神奈川県横浜市鶴見区矢向4丁目8−3
DEEP案内不動産部
タイトルとURLをコピーしました