新宿・成覚寺

もっぱらソッチ方面の街としてのイメージが強い新宿二丁目だが、江戸時代に遡るとこの付近は宿場町・内藤新宿だった。この頃から内藤新宿は飯盛女を置く宿や茶屋が連なる場所で大正期に新宿二丁目に移され「新宿遊郭」と呼ばれるようになるが戦後に消滅、青線地帯を経てゲイタウンへと変貌していく。世代を超えて土地の因縁の強さを感じる場所である。靖国通り沿いにある成覚寺には新宿遊郭の名残りである遊女の墓「子供合埋碑」(遊女は「子供」呼ばれていた)などが境内の片隅にひっそりと置かれている。日本最大級の繁華街「新宿」の成り立ちが遊郭から始まったという史実を示したものだ。

新宿区 新宿御苑前

新宿区 新宿御苑前

新宿区 新宿御苑前

新宿区 新宿御苑前

新宿区カテゴリの最新記事