品川浦の船溜り

古くから東海道品川宿があった品川区北品川には、江戸時代の漁師町だった頃の品川の風情を保つ「品川浦」と呼ばれる船溜りが今も残っている。現在も屋形船や釣り船が数多く係留されている岸壁沿いに何軒も船宿が営業しているのが見られる。背後には品川インターシティの超高層ビル群。超近代的都市と江戸の風情漂う下町のギャップの激しさはそうそうどこでも見られるものではない。

船溜りの北側一帯に、戦前に建てられた木造家屋が数軒残っていて、まさしく戦前の住宅地そのものの風景を残した一角がある。アスファルトで舗装されておらず石畳のアプローチが民家一軒一軒の軒先に続く。目の前には品川浦が広がり、江戸の情緒が残る下町風景は必見。品川区「しながわ百景」の一つ。近年隣接する土地にマンションが建設され景観がやや損なわれてしまったのが残念だ。

品川区 北品川

品川区 北品川

品川区カテゴリの最新記事