ゆりかもめ市場前駅

ゆりかもめ市場前駅

物件情報

長年東京の台所として有名だった築地市場が手狭になったことと老朽化などが理由で、2014年を目処に豊洲六丁目の埋立地に移転させる計画があったが、それが敷地の土壌汚染問題で移転反対運動が起きるなどして計画が遅れ、豊洲新市場建設予定地に長らくだだっ広い空き地が広がっていただけの場所にゆりかもめ「市場前駅」だけが先行開業している。この駅は2006年の開業以来、乗降客数が都内の鉄道駅ワースト1で、1日22人(2011年)とか凄まじい記録を出しているのであるが、豊洲新市場の開業が二転三転しながらもようやく目処がついたようで、この秘境駅っぷりが体感できるのも2018年10月の新市場開業までの僅かな期間のみとなった。

物件写真。東京湾岸グダグダ開発の現状

豊洲からゆりかもめで二駅目「市場前駅」

駅前には長らく市場建設予定地のだだっ広い空き地がガラ~ン

 

いつ何時でもマジで誰もいない市場前駅ホーム。これぞ都会の秘境駅

市場前駅入口。豊洲からギリギリ徒歩圏内。駅、必要でしたか?

2018年10月の豊洲市場開業でようやく駅が人様の役に立つ模様。12年越しの悲願

豊洲市場付近は用途のない草むらが広がり、その向こうにはタワマン群が

グダグダ豊洲新市場移転問題

江東区カテゴリの最新記事