新発田・シンガポール食堂

新発田市

新潟県新発田市の中心市街地、立派だったはずの商店街が救いようもないくらい寂れていて何ともダークな気分にさせてくれる場所だが、そんな商店街の一角にある妙な大衆食堂。新発田なのになぜシンガポール…しかも名物「オッチャホイ」と来たもんだ。謎過ぎて気になるのでオッチャホイとやらを食べてみる事にしました。昭和を思わせる内装の店内、メニューは麺類と中華飯とライスと餃子、そしてオッチャホイしかない。勿論オッチャホイをオーダー。するとやってきたのは「ピリ辛焼ききしめん」と言える代物。食欲が進んで旨いです。先代のオーナーが終戦前までシンガポールで料理人をしていたそうで、現地で食った麺料理を再現したのがこれらしい。「炒粿条」もしくは「干炒河」が由来のようですが…

新発田市 新発田

新発田市
#DEEP案内編集部をフォロー
物件の場所
所在地:新潟県新発田市中央町3丁目2−1
DEEP案内不動産部
タイトルとURLをコピーしました