思案橋商店街

思案橋駅前の春雨通り沿いに並ぶ戦後のドサクサ風味な長屋の商店街は見るからに異様な姿を晒しているがこれが「思案橋商店街」。当然戦後の闇市発祥で、長期運休していた長崎電気軌道の線路上に一夜にして築かれた闇市を立ち退かせる為に最終的に長崎市の計画で側を流れる銅座川を暗渠化して闇市が川の上に移転した成れの果てがこの商店街と「銅座市場」だという。商店街の裏に伸びる小汚い通りは「ハモニカ横丁」の名があり、組合のトイレ付近は特に素晴らしい路地裏風景となっている。

長崎市カテゴリの最新記事