銅座市場

長崎思案橋近くの銅座川の上に建てられた市場。そもそもが春雨通り沿いにあった戦後の闇市発祥で、昭和26年に闇市の立ち退き先として川の上に市場を建てて業者が移転してきて以来現在まで続いている。元から狭い土地を有効活用した結果こうなったんですね。市場だけに生鮮食料品店が多いが一部は無料案内所などが入居している。周囲は歓楽街ともなっていて水商売や飲食店関係者の利用が多い。

長崎市カテゴリの最新記事