泉州朝鮮初級学校

物件情報

南海泉大津駅北東側の市営春日墓地の南側に隣接して、北朝鮮の事実上の出先機関である在日本朝鮮人総聯合会の傘下である朝鮮学校が廃墟化したまま残されている。「泉州朝鮮初級学校」として使われていた土地で、戦後泉州地域にあった複数の朝鮮学校が統廃合を繰り返す中、昭和52(1977)年に3つの朝鮮学校が統合されたものが当校になる。

全国的に朝鮮学校の生徒数が減少し続ける中、2010年に住之江区にある南大阪朝鮮初級学校(旧西大阪朝鮮初級学校)と併合する形で当校は閉校され、その跡地がそのまま放置されているのである。二階建ての小さな朝鮮学校の校舎と、落ち葉がうず高く積み上がった狭いグラウンドがその年月を物語っている。

物件写真

昭和52(1977)年以前までは「泉大津朝鮮初級学校」の名称だったが、その当時のプレートも残る

放置され荒れ放題の朝鮮学校校舎とグラウンド。今では野良猫の遊び場である

メイド・イン・泉大津

泉大津市カテゴリの最新記事