三和名店街

京成津田沼駅の南、国道14号(千葉街道)から南側一帯に広がる「袖ヶ浦団地」は昭和40年代に開発された古い団地で、最寄り駅からも遠く住民の高齢化も著しい限界集落状態となっている団地の一つだ。その袖ヶ浦団地の北側に「三和名店街」という小さな商店街がある。団地住民の徒歩圏では団地のショッピングセンターとマルエツ、そしてこの商店街が貴重な生活物資の調達先となっていて、古いながらも個人商店が数多く生き残っている。

とりわけ商店街内の「三河屋豆腐店」はご近所の客の姿で賑わっている。店主が愛知県南知多町の日間賀島出身らしく、豆腐や豆乳以外にも日間賀島産天草を使ったところてん等も販売している。

習志野市 京成津田沼

習志野市 京成津田沼

習志野市 京成津田沼

習志野市カテゴリの最新記事