埼玉の霞ヶ関

「霞ヶ関」という地名を耳にすると十中八九、東京都千代田区にある官庁街の「霞が関」を思い浮かべる人続出であるが、実のところ埼玉県にも同名の「霞ヶ関」が存在している。場所は川越市の北西部、東武東上線で川越駅、川越市駅と続いてその次に来るのが「霞ヶ関駅」である。どこぞの某引越しブラック企業が嫌がらせの為だけに労組相手の団体交渉会場を「霞ケ関駅近辺を予定しています」と予告しておいて、後でわざと千代田区ではなくこちら埼玉の霞ヶ関にある川越西文化会館の会議室を指定したというブラック過ぎるネタもある程の場所だが、明治時代から入間郡霞ヶ関村が存在していた程、案外由緒正しい地名でもあり、セレブ界の間では名高い超名門ゴルフ場「霞ヶ関カンツリークラブ」がある事でも知られている。

そんな霞ヶ関駅を降りると駅前は結構な商店街となっていて、駅西側の東京国際大学(埼玉にあるのに)キャンパスや「角栄商店街」方向に長々と商店が立ち並ぶ街並みが見られる。駅前には「霞ヶ関ビル」、道中にあるのは「霞ヶ関マンション」とお固いイメージ全開だが、千代田区にある同名の官庁街とは似ても似つかぬ下町っぷり。以前は埼玉県内有数のネパール人コミュニティがあった名残りからか、今でも何軒かインド・ネパールレストランやネパール人が経営するハラルフード専門店が残っている。土産物には「御菓子司 味山」の「ゴルフ最中」をどうぞ。

ちなみに東京・埼玉、どっちの霞ヶ関駅かを見分けるポイントは大きい「ケ」が東京、小さい「ヶ」が埼玉である。一方、地名の場合は千代田区は「霞が関」、川越市は「霞ケ関」と表記される。

川越市 霞ヶ関

川越市 霞ヶ関

川越市 霞ヶ関

川越市 霞ヶ関

川越市 霞ヶ関

川越市 霞ヶ関

川越市 霞ヶ関

川越市カテゴリの最新記事