板屋町遊郭

板屋町遊郭

岡崎城のすぐ西側にある板屋町はかつて遊郭が存在していた場所で、現在の「板屋本通り」を中心に妓楼が立ち並び芸妓・娼妓が多数居たようだが大正時代に遊郭の機能は中町に移されている。戦災を受けなかった事でかつての妓楼は近年まで数多く残されていたが次々老朽化などで解体が進んでおり、小料理屋や旅館、それに今どきなホテルがある程度で名残りは殆ど留めていない。板屋町には喫茶店「双龍亭」があり以前はそこに遊郭時代の妓楼をそのまま改装した「ダンスホール双龍」があったが解体されてしまい、現在は喫茶店の中の額縁に往時の建物がスケッチとして留められている。

岡崎市カテゴリの最新記事