家康の胞衣塚

家康の胞衣塚

徳川家康公生誕の地である岡崎市、その街の中心には現在も岡崎城が残されていて当然家康公にまつわるものが数多くあるのだが特に目を引いたのが家康公が産まれた際の「胞衣」(つまり胎盤)が埋められているという胞衣塚が岡崎城の傍らに鎮座している事だ。家康公と言えばド派手な日光東照宮といい、生まれてから死ぬまで色々と扱いが凄い人物ですね。ちなみに岡崎城西側には板屋町遊郭跡がある。こんなに城跡から近い遊郭跡も珍しいもんですねえ。

岡崎市カテゴリの最新記事