幕張銀座通り

千葉市の副都心とされている「幕張」という地域、この地名を耳にすると十中八九「幕張メッセ」と答えが帰ってくる通り、余所者にとっての「幕張」は京葉線の走る海浜幕張駅周辺やイオンモール幕張新都心及び幕張メッセの辺りを思い浮かべる事が多いし実際こちらの方が栄えている。しかし元々の幕張はJR総武線(中央・総武緩行線)が走る幕張本郷駅もしくは幕張駅前のこちらの寂レトロ気味な商店街のあたり。

JR幕張駅南口を降りると、そこは区画整理すらされず未だに田舎の香りすら漂う昔ながらの寂れた佇まいの駅前風景が広がる。三鷹から千葉までを走る中央・総武緩行線沿線で最も駅前がショボい駅である。

駅前通りの脇道に「幕張銀座通り商栄会」という商店街があり、かなり昭和な佇まいの商店(既に廃業している店舗も多い)が立ち並ぶ。通学中の学生か老人がちらほら通るくらいで人通りもまばら、完全に時代の波に取り残された感もあるが、商店街にある中華料理店「芳葉」は地元の人気店らしく多くの客で賑わっていた。

千葉市 幕張

千葉市 幕張

千葉市 幕張

千葉市 幕張

千葉市 幕張

千葉市カテゴリの最新記事