くじらロード

くじらロード

立川から分岐して東京の奥座敷へ伸びるJR青梅線の東中神駅前には、昭和の高度経済成長期に整備された高層団地が立ち並んでいる。「UR東中神団地」「都営昭島玉川町アパート」とそれぞれ管轄が分かれているが、駅前団地として一体化しており、その一階部分が「くじらロード」という商店街になっている。なぜ内陸部なのに「くじら」がモチーフになっているのかと言うと、昭島でクジラの全身骨格化石が発掘された事に因んでいるからだ。

駅の利用者や団地の住民向けのローカルな商店街という感じだが、結構空き店舗も多いし寂れている感が強い。しかしながらやたら渋い佇まいの老舗の洋食屋が二軒近接しているのが気になる。「トスカーニ」に「フランボワーズ」…そのうちの後者の店舗にお邪魔してみたが、今時のファミレスの原型のようなスタイルの広い店内、BGMにクラシックでも掛かっていれば雰囲気が出るものの、なぜかケツメイシが流れているあたりが昭島クオリティ。どうやら昭和40年代から営業しているというので本当に老舗のようだ。昭島市民には贅沢な価格設定だが、どうも水曜日ディナータイム限定の「パスタ全品半額」が呼び水になっているようだ。

昭島市 東中神

昭島市 東中神

昭島市 東中神

昭島市 東中神

昭島市 東中神

昭島市 東中神

昭島市カテゴリの最新記事