穴切遊郭

穴切遊郭

甲府駅の南西側に戦後まで続いていた遊郭跡がある。今は完全に住宅街になってしまって近くの道路沿いに名残りと思しき飲食街も僅かに見られるのだが、もうとっくに時代に取り残された感じがする。明らかに遊郭跡と思われる袋小路の街路が街の歴史を物語っていた。現在の甲府市中心市街地からも外れた場所にあって、これ以上ないくらいに寂れた街並みだ。明治末期に当地に移転してから戦時中空襲で全焼、戦後の赤線地帯を経て昭和33年に歴史が終わる。山梨県で公認の遊郭はここ穴切と上野原・関山遊郭のわずか2ヶ所だけであった。

甲府市カテゴリの最新記事