北田辺商店街

物件情報

近鉄南大阪線大阪阿倍野橋駅から二駅目「北田辺」。鄙びた下町風情しか漂ってこない街だが、作家・開高健ゆかりの地として駅前には誇らしげに文学碑が飾られている、そんな駅前から伸びる寂れたアーケード街「北田辺商店街」もこれまた渋い佇まいである。駅前から「ファミリー北田辺」「センターモール」「北田辺一番街」「新道商店街」と、それぞれ違う名前となっているが、概ね全蓋式アーケードで繋がっているため、雨でも濡れずにお買い物できる。

そんなアーケード街に一歩足を踏み入れれば、そこは昭和の時代から何の変化も起きていないと思われるタイムカプセルのような空間。駅前にはありがちなチェーン店とか、そういうものも皆無だ。あちこちシャッターが閉まったままの店舗も見かけるが、ここは新しいものを受け入れるという概念がそもそも無いのかも知れない。すぐそばに天王寺という繁華街もあるゆえ、こうなってしまうのだろうか。

物件写真

近鉄北田辺駅前に鎮座する開高健文学碑

北田辺商店街「ファミリー北田辺」

とにかく古臭さが際立つ昭和の下町商店街

パチンコ屋までいちいち古臭い

看板類もいちいち古臭くてたまらない

「ときめき夢どうり 愛LOVE 北田辺」

駅から遠い新道商店街はもはや遺跡級

開高健が育った街・北田辺

大阪市東住吉区カテゴリの最新記事