木場公園

物件情報

地下鉄東西線木場駅の北側一帯に広がる都市公園「都立木場公園」。かつては木場の地名通り、材木業者の貯木場が広がる場所であったが、昭和44(1969)年に現在の新木場、夢の島埋立地に移転が決まった事で跡地が公園として整備されたものである。

昭和の時代には夢の島に都内各所のゴミが集められ、大量の蝿が発生しては住民生活を脅かしていた悪辣な環境だった江東区も今となっては都心に近く公園も多い、子育てに最適なエリアとばかりにシャレオツぶった高所得者層が小奇麗なマンションに移り住むような街に変貌してしまったが、木場公園もまた意識高い系の溜まり場として近年注目を浴びる「清澄白河」エリアにも程近く、半蔵門線で渋谷あたりから流れてくるオサレ菌が清澄白河の街に隣り合うこの公園にも伝染してきた感がある。また公園北側には「東京都現代美術館」(2018年中は休館)もあり、アート系に意識の高い方々も足繁く訪れる場所になっている。

2017年10月1日には木場公園内で完全菜食主義者・ビーガン向け製品を販売する国内の業者が一同に集う意識高い系イベント「ビーガングルメ祭り」が開催され、意識高そうな方々が沢山集まられて各種ビーガン屋台料理の数々に舌鼓を打っていた。どうやら皆様方、「エシカルアクション」で「サスティナブル」な社会を目指しているようです。

物件写真

公園内では木の周辺で踊るなど謎の儀式を行う女性グループもいる

2017年10月開催「ビーガングルメ祭り」の模様をお伝えします

ビーガンフェスに集まる意識高い系の方々。ラブアンドピース風なお方も多い

ヨガ大会が始まったり怪しげなセミナーも行われていた

意識高い系のトレンド「グルテンフリー」

ありとあらゆるものが横文字で書かれていて痒い

意識高い系ワード「エシカル」(ethical)とは倫理的な、の意

「亀戸升本」のビーガン和食膳弁当(和正食)1200円也

意識高い系ビーガンフェス後の公園内のゴミ箱が酷い件。主催者側で用意しろよ

あなたもビーガンフードでエシカルアクション

江東区カテゴリの最新記事