川崎港海底トンネル

川崎港海底トンネル

川崎市臨海部、千鳥町と沖合の人工島・東扇島とを結ぶ全長2180メートルの沈埋トンネル。昭和54(1979)年に完成してから川崎マリエンが開業する1992年までは一般車通行禁止だった。後に東扇島に首都高湾岸線が通るようになり島が物流拠点として次々と倉庫が建てられ就業人口が増えだしてからは、従業員の自転車通勤の利便性を図る為、2004年から保守・非常用通路を歩行者通路として24時間開放している。道幅が3メートルしかないので、安全の為に「自転車は降りて通行してください」とのアナウンスが常時流れている。人道部分は全長1200メートルあり、歩いて渡り切るとなると片道15分掛かる。閉所恐怖症にはキッツイですね。

川崎市 川崎

川崎市 川崎

川崎市 川崎

川崎市 川崎

川崎市川崎区カテゴリの最新記事