道飛館焼肉店

川崎臨海工業地帯の在日コリアン不法占拠ゲットー、川崎区池上町、通称「群電前」の路地の奥に店を構えるマニアックな焼肉屋。こんな場所に店を置いて客なんて来るのだろうか甚だ疑問に感じるので気になって2011年頃に訪問したら御年70過ぎのオモニが一人で切り盛りしているアットホームな店でした。未だに近所の現場作業員などが常連客として付いているのでなんとか商売を続けていられるらしい。オモニに道飛館という屋号の由来を尋ねたが先代の主人がつけた名前という事以外に何にも知らないと返答された。かれこれ戦後65年、世代交代が進んだ結果だろうか。マッコリを注文したら「自家製は今置いてないんですよ」と聞いてもいない答えが。自家製って一体…あまり深い事は考えないでおこう。人に教えてもまず行きそうにもないロケーション、これが本当の隠れ家的名店。

焼肉の味や価格、特殊なロケーション、この店の雰囲気が気に入って何度か行っているが、一説によると「焼肉の元祖だと言われている」という話もある。そのくらい歴史のある店なのだ。

川崎市 浜川崎

川崎市 浜川崎

川崎市 浜川崎

川崎市川崎区カテゴリの最新記事