泉尾商店街

物件情報

沖縄出身者が日本で最も多く暮らしている大阪市大正区だが、区南部の平尾・南恩加島だけに限らず、大正駅から1キロ程離れた泉尾商店街とその付近にも沖縄出身者が経営するホルモン屋が何軒も残っている。大正区の数ある商店街の中でもここは未だに活気が無くなっておらず、立派な全蓋式アーケードが整備された全長約400メートルの商店街が形成されている。そこにはジャンジャンバリバリと音を立てるパチンコ屋もあれば、労働者向けの食い物屋やお好み焼き屋に混じって、アーケードを少し外れたところに「ちから」や「おーちゃん」といったガチな店構えのホルモン酒場もある。駅から離れているという事もあって商店街を練り歩く人々は近所の土着民ばかりで人種構成も濃ゆい。

物件写真

泉尾商店街南側入口は国道43号線に面する

濃ゆそうな土着民がいっぱい歩いている泉尾商店街

都会の孤島・大正区民の娯楽はパチンコ一辺倒

泉尾住民御用達土着スーパーはやし

ホルモン焼きに飽きたら焼き鍋ホルモン大正

非常に入りづらい謎の喫茶店

土着感溢れるお好み焼き屋

混雑必至のホルモンちから。西成「やまき」の原点とも

個人経営の沖縄風居酒屋がかなり多い

泉尾住民の英語力「デスカントストアー」

被差別のグルメ

大阪市大正区カテゴリの最新記事