広島・福島町

広島市中心部にも程近い西区福島町。太田川放水路沿いに開かれたこの地域もまた歴史の闇に埋もれるかのように特有の歴史を歩んできた街である。見た目にはごく普通の下町っぽい地域でもあるのだが、歩いていると妙に目に飛び込んでくる「せんじがらあります」と書かれた看板。せんじがらは歴史的にもこの地域でしか食されていなかった「豚のホルモン揚げ」と形容すべき料理で、せんじ肉とも言う。関西の一部地域でいう「あぶらかす」「さいぼし」に近い料理であろう。

せんじがらは地元資本のコンビニ「ポプラ」の店頭にも体裁良くパッケージされた既製品が売っているのだが、ここでしか食えない料理というものがある。それがこの地域に数軒ある大衆食堂で出される「ホルモン天ぷら」だ。たかま、くりはら、福本食堂、あきちゃん等、どの店も知る人ぞ知る存在で、地元民しか行かないような雰囲気満載だが、近年のB級グルメブームに乗って関西の「あぶらかす」同様にわかに認知度が高まっている模様。広島に来たらお好み焼きばかり食べずにこういう店で一度くらいガチなソウルフードにがっついても良いのでは。

広島市 福島町

広島市 福島町

広島市 福島町

広島市 福島町

広島市カテゴリの最新記事