播磨屋本店東京店

千代田区

東京都心部を歩くと時折目にする仰々しい姿で街中を走る白い大型トラックの街宣車群。車体には大きく「地球革命です天皇陛下」「若き霞ヶ関よ皇国守れ」のメッセージ。憂国…というかむしろソッチ系の電波がゆんゆん漂うのだが、別に右翼団体の街宣車という訳でもない。車体の後ろを見ると「皇祖天照大神 世直し特別広報隊 今度の天罰は一億餓死 農を敬わない拝金日本は食で滅ぶ」と物騒なメッセージと共に運営会社の名前と兵庫県朝来市の本社、東京店の所在地が書かれている。

そう、世を忍ぶ仮の姿は「おかき屋」、しかしその真の目的は「地球革命」を目論む憂国集団…といった所だろうが電波っぷりが凄いので気になって「播磨屋本店」の東京店がある霞ヶ関の虎ノ門三井ビル一階を訪問した。要はおかき屋の店舗なのであるが、意外にシャレオツな佇まいでカフェが併設されており店内にはお婆さん達が大勢屯している。

以前はおかきとドリンク完全無料という太っ腹なサービスがあったが、利用者のモラル低下の為か200円の有料制に変わり、おかき食べ放題も廃止。さらに現在はおかき購入者限定で無料のカフェサービスが付く形に変わっている。

元々は文久2(1862)年に旧但馬国生野、現在の兵庫県朝来市で創業した油売りの「播磨屋」がルーツで、現在の播磨屋本店として昭和61(1986)年に設立されて以来、通信販売と全国各地にある直売店でのおかき販売を専業としているが、現社長の政治思想が持ち込まれて今のような形になったのはごく最近の事らしい。街宣車も大概香ばしいですがホームページも香ばしい。勿論、おかきも香ばしくて美味しかったです。

千代田区 霞ヶ関

千代田区 霞ヶ関

中央区 築地

千代田区 霞ヶ関

千代田区
#DEEP案内編集部をフォロー
物件の場所
所在地:東京都千代田区霞が関3丁目8−1
DEEP案内不動産部
タイトルとURLをコピーしました