阪南市わんぱく王国

阪南市わんぱく王国

物件情報

大阪府内ほぼ最南端の街・阪南市のJR阪和線山中渓駅周辺で数少ない現役の観光施設がこちら「わんぱく王国」。ただでさえ観光施設も皆無でマイナーな阪南市にとってはお子様連れ向け施設として有力な場所の一つだが、市が運営しているという事もあってやる気の無い感じが全体的に漂っているところが特徴である。古びた玄関口をくぐれば、すぐ右手にくたびれた佇まいの併設レストラン、夏場はバーベキュー場もやっているらしい。

イチオシらしい恐竜滑り台をはじめ基本的には子供向けの遊具が揃う公園といったところだが、入り組んだ山の中にそれらが設置されているので、遊具に向かうまでに軽いアスレチックコース状態で坂道も半端なく、おまけにマムシやハチに注意と書かれた警告看板も立つワイルドさ。そもそも小さな子供を乗せてベビーカーを押して来るには向かないし利用者の耐性が色々と問われる。公園の奥まで入るのは無理…という小さなお子様連れの客向きに、公園の入口に古びた遊具が並べられているが、ここも放置プレイ同然で管理状態が悪く脱力する事請け合い。さらに利用者向け駐車場も公園の真ん前にあるのは月極駐車場で、わざわざ500メートル程離れた場所にある旧宿場町の一角に500円を払って車を停めて延々と歩かなければならない、など色々と融通の利かなさが昭和の感覚そのまんまな施設でございます。

物件写真

阪和線

阪南市カテゴリの最新記事