銀山温泉

山形県尾花沢市の山奥深くにぽつんと秘境のような佇まいで存在する銀山温泉。江戸時代、寛永年間にあった銀山がその名の由来で、温泉が発見されて以来、湯治場として栄えてきた。現在の温泉街は大正2(1913)年の大洪水で壊滅した後に復興されたもので、大正時代から昭和初期までに建造された三階建て、四階建ての立派な木造建築の楼閣が川を面して両側にひしめいていて独特の風情を放っている。銀山温泉が一躍有名になったのはNHKのドラマ「おしん」の舞台になった事で、山形の温泉街としては代表的で超一級。どこぞの天童温泉とは違い俗っぽいスナック街とかも皆無で、お上品な雰囲気です。

基本的には温泉宿への宿泊客を中心としていて、日帰り客が入浴できる共同浴場や貸切風呂もあるが、駐車場が用意されておらず車が乗り入れられないので少し離れた所に車を停めて徒歩で向かう必要がある。

尾花沢市 銀山温泉

尾花沢市 銀山温泉

尾花沢市 銀山温泉

尾花沢市 銀山温泉

尾花沢市 銀山温泉

尾花沢市カテゴリの最新記事