CATEGORY 福岡県

旦過市場

北九州・小倉に鎮座する九州を代表する庶民的市場、キタキューの台所として地元ばかりか全国的に有名な「旦過市場」。その市場の大部分が昭和30年代に建てられた古い木造建築の集合体となっていて、市場の風情のレ ... 続きを読む

旧志免鉱業所竪坑櫓

福岡と言えば炭鉱、炭鉱と言えば筑豊と大牟田…と想像しがちになるが、福岡市のすぐお隣、福岡空港の東側にも炭鉱町があった。糟屋郡志免町は昭和39(1964)年に閉山した糟屋炭田の炭鉱の一つ「志免炭鉱」で栄 ... 続きを読む

千代町商店街

地下鉄千代県庁口駅に近い場所にある「千代町公団住宅」。何だか一昔前の陰気臭い公立病院のような無骨な佇まいの地上7階建ての団地で、シルバー人材センター、老人福祉センターといった施設が入居している終末感漂 ... 続きを読む

中洲南新地

福岡市の遊郭跡は博多港近くの大浜、天神の南側にある新柳町などが存在するが、一方で福岡を代表する中洲の歓楽街のうちの南端部、国体道路から南側の三角地帯が「中洲南新地」と呼ばれ、戦前期から料亭や待合が立ち ... 続きを読む

中洲屋台

福岡・博多を象徴する光景と言えばやはり中洲あたりに夜な夜な出現する名物の屋台街の存在で、観光客ならば一度は目にするであろう有名過ぎるスポット。観光地価格でぷちボッタ店もあるだとか無粋な事は言うものでは ... 続きを読む

川端通商店街

博多のど真ん中、地下鉄中洲川端駅から博多祇園山笠でも有名な櫛田神社に掛けて伸びる、福岡市を代表するアーケード商店街。東京の没個性的な商店街に比べても古くからの個人商店が中心で博多の商店街の強みを感じる ... 続きを読む

博多大浜の赤線跡

博多港のあたりは戦前から遊郭が存在し、それが戦後になっても赤線地帯として生き残り、港湾労働者や近隣のドヤ街などに住んでいた労務者を相手とする遊里となっていたそうで、大博通りから西側の博多区神屋町付近が ... 続きを読む

オート井元

福岡市・天神のど真ん中を走る国体道路を歩いていると突然見えてくる「川の上にバイクがぶら下がっている」光景。何だよこれ…と思ってバイクがぶら下がったビルの下に視線を移すと「川にぶらさがっているバイクでお ... 続きを読む

若津町弥生町遊郭

国指定重要文化財「筑後川昇開橋」がある事で知られる福岡県大川市の若津町を訪れた。ここに江戸時代から戦後まで続いたという弥生町遊郭があったというのでその痕跡を確かめにやってきた。明らかに元妓楼と分かる家 ... 続きを読む